底辺 tei-hen

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺 tei-hen

非常に意識低い 日常ブログ たまにパチンコ エロゲ関係を綴ります

【ゴールデンカムイ】歴史系漫画レビュー2 最近ハマってます

日常

ランニング後の底辺です。

 

眠いなぁ。資格の勉強もしなきゃなぁ。

時間もないのになぁ…社会人は辛いですね。

 

でも漫画読んじゃうぞ!!!時間ないけど

楽しまないと平日が悲しい!!

...って事で今回はこれ

ゴールデンカムイ」です。

 

 

【概要】(間違ってたらごめんね)

日露戦争後の北海道で、砂金を集めたもの(大金)を、誰かがどこかに隠したらしい

 

その砂金の情報は、脱走した元網走刑務所の囚人達の背中の入れ墨が鍵であり、

それを集めて、(つまり囚人を探し出して)砂金のありかを探し出すぞ!という物語です。

 

主人公は、地元の親友の奥さんをシアワセにする為?お金を稼ごうとし、

日露戦争帰りに北海道でこの騒動に巻き込まれていきます。

 

基本的に冬の北海道で、熊や魚や猟など、自然とともに生活するアイヌの人と絡みつつ、砂金を狙う囚人達や、軍人達との争いを描いています。

 

 

【感想】

自然に詳しくなりそうな物語です。

今のとこずーっと100年前の北海道、しかも冬を舞台に展開されており、

熊や鹿や狩りに詳しくなりそうです。

 

ヒグマは巣の中に入ってきた人間を殺さないらしいです。

覚えておきましょう。

 

主人公は歴史上の人物なのかオリジナルか分かりませんが、

かなり強くて頼りになります。有名どころでは新選組

土方歳三

永倉新八

が出てます。でもそれくらいですかね。

あとはマイナーな軍人さんかな

 

敵は結構死んでしまいますが(囚人の入れ墨

は、基本的に剥いで集める)

味方は徐々にパーティがふえる系ですね。

そんで、徐々に敵対派閥がはっきりしていく感じです。

 

戦闘は現実的かつえげつないですが、ところどころコミカル要素

(扉絵やキャラの表情等)がありおもしろいです。

僕は白石がすこ。

 

最近読んだヒストリエより僕はすきです。

なんか引き込まれて読んでいる時間が長いんです。

漫画にハマってるな~て思うときはやっぱり手が止まらないときですよね。

どんどん読んじゃう。寝なきゃいけないのに。

 

ただこれ、一巻読むのにかなりの時間かかります。

単純にあだち充漫画の約二倍くらいかな。じっくり読まないで飛ばすと

ついていけなくなったりします(理解力のなさかな?)

 

以上。

読んで損はないと思いますよ。話題作でもありますしね。