底辺 tei-hen

メンズの低俗

深刻に意識低い パチンコ エロゲ 風俗 あとは雑記

【あだち充 全般】タッチ、クロスゲーム、KATSU、ラフ を読みました 

娘のカレシは私の元カレ ダウンロード販売 えろゼミ 〜エッチにヤルきにABC〜 ダウンロード販売

こんにちは。底辺です。

今日は、漫画レビューです。

テーマは、「あだち充

 

MIX(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

こないだH2を読んでからというもの、

あだち充欲がとまらず、

タッチ、クロスゲーム、KATSU、ラフ MIX

の5作品を現在読破しました。

忘れないうちに感想兼紹介みたいなの書こうと思います。

 

 

【タッチ】

正直有名なアニメで良く名前が上がるだけだろうとか

思ってたんすけどかなりレベル高かったです。

逆に有名たる所以を感じさせられました。馬鹿にしててごめんな。

 

それにしても達也野球センスありすぎやぞ。

2年であんなうまくなるんか?やきうって簡単やなぁ。

 

調子にのった投手吉田だったり、

明青に嫌な過去がある厳しい監督、

変化球のつけが回った西村あたりも個人的には好きでした。

 

有名なセリフの、「上杉達也は世界で一番・・・」は、

その時の有名なアイドルの女の子で試験した後のセリフだったんですね~。

(日本で一番輝いてる女の子で、南を忘れられるかという試験) 

 

明青全国優勝おめでとう。

 

 

クロスゲーム

一番新しいやつかな。

なんか隣の4姉妹全員がこうちゃん好きなのかなとか思ってたら

基本青葉だけなんですね。

 

ずっーっと青葉ちゃん一辺倒。

結局あかねちゃんとくっかなかったしね。

あと最初は嫌な奴かと思ってたファーストの東が相当いいやつになりましたね。

 

「160km/h出す、甲子園に行く、そして青葉が一番好きだ」

というラストのみそ的なセリフを回想じゃなくて直接言っているシーンを

コマで見たかったなぁ。というのが惜しいところ。

 

最後試合後みんなに囲まれてんのに

ずっと大嫌いだったんだから・・・は正直恥ずかしいやりすぎでしょ。

でもやってみたい。(憤怒)

 

 

【KATSU】

本作はボクシングのやつです。

2000年初頭の作品ですが、あだち充シリーズで

もっとも顔がかわいいのがこのヒロイン香月ちゃんでしょう。(表紙に力入ってる)

 

岬君は球もボクシングもみたいな相当有能ですけどね。

本気をだしたカツキのほうが強いんですね。

 

ラビットが坂口は名前と、本当にどうやって奥さんつかまえたのか謎ですね。

恋愛絡みが、香月ちゃんと主人公が抱き合う部分が本当に最後のシャドーのところだけ

というのがおしゃれでした。

 

あだち充野球以外も描けてすげーとかおもってたんですけど、

やっぱり試合の描写は、野球に比べて薄いような気がしました。

あと顔が似すぎててどっちがどっち殴ったかわからんシーンあった((笑))

 

 

【ラフ】

ラフ・・・荒っぽさ・・またはどんな絵も最初はこの下書きから・・・

みたいな事が最初の方で流れますが、

恐らく登場人物全員の高校時代の成長の事をいっているんだと思います。

 

大和も、仲西さんも、ヒロイン二人も、緒方も、関も。。。

みんなかっこよくなっていきますね。

 

ラフは結構主人公大和以外もかっこいいですね。

寮生活であんな5人のような仲間に出会えたらいいなぁ・・・

 

特に緒方が好きでした。

敬遠されて負けて夜寮の風呂で泣いてるところ・・・

肘に爆弾を抱える中、プロを諦める覚悟でチームの為にピッチャーをやる所・・・

それを長年好きだった亜美に見てほしいと伝えるところ・・・

最高です。

 

 

MIX

今既刊10巻ですね。

地区最強の三田さんのチームに延長でサヨナラしたとこまで読みました。

立花兄弟がまだ1年。

 

主要で絡みそうな三田さんの弟と夏野君がまだ中学3年という事を考えると

まだ続きそうですね。

 

結局女の子にもてるのはいつも完璧な走ちゃんでなく、投馬なんですよね。

これはあだち充作品全般にもいえる傾向で、実際男として僕も憧れるのは

投馬ですかね。

 

基本的にタッチの20年後とかそれぐらいの明青高校にタッチの上杉兄弟のような

立花兄弟が活躍しますね。

タッチで肩壊した西村がライバルチームの高校の監督としてでてます。懐かしい。

 

 

【総評】

あだち充作品は

・幼馴染がいることでどんだけ人生の充実度が変わるか

・学生時代が人生で最も華がありそう(全ての作品で社会人後の話は一切なし)

・引き、終わりのうまさ(えっ、もう終わってまうの。。。 完 みたいな)

を痛感させられますね。

 

そしてなんと、今あだち先生は66歳、

クロスゲームをかいてるときでも60近かったくらいみたいです。

それを考えると、あの青春っぽい描写はすごい。

どこで仕入れてきているのか。

 

ところで、幼馴染、あるいは親絡みで過去に何かしら関係があるそれに近い存在と、

最終的に付き合わないのはH2だけです。

H2のひかりだけなんですよね。うーん。

 

とはいえH2が別に特別よいとうわけではなくて、

H2以外のあだち作品も凄い良かったです。

読まず嫌いで俺の人生を終わらせなくてよかった~~。

 

 

以上。

ちなみにこの影響で実家からグローブ送ってもらいました。

来週から会社でキャッチボールでしよう。

草野球もしたいゾ。